いきさつ​

HISTORY

About Plume


アトリエプリュムは2006年秋に1羽のオカメインコの男の子が天国に旅立った事がきっかけで始まりました。


一年以上も、失った悲しみに暮れている母のために

「心の隙間を埋めることができないものか」

そんな想いから最初の一羽が生み出されだのです。

それからというもの、一羽一羽、ただ「鳥のぬいぐるみ」ではなく「持ち主と寄り添う存在」であってほしいと願いながら送り出しています。

私の母と同じように、愛鳥(家族)の面影を忘れられない方や、さまざまな事情で小鳥やオウムのお迎えが出来ない方の心を満たせるように、本物に近い体長と体重にこだわっています。


PLUMEではリアリティーと温もりを追い求めています。今の世の中ではまだ、こうしたジャンルが確立されていないため「ぬいぐるみ」や「人形」ではなく、より精巧な印象を込めて「バードフィギュア」と呼んでいます。

高品質なテディベアで世界的に有名な「STEIFF・シュタイフ社」。
創業 以来「子供たちに最良のものを」という哲学を守り続け厳選素材 のみを使用し、殆どのものは一体一体手作りされています。
その「STEIFF社」に生地を提供し続けているのが、同じドイツにある 「SCHLTE・シュルテ社」です。
同社の生地はその確かな品質で世界中のアーティスト達に、もっとも 支持されています。
PLUMEの鳥たちは、この会社の生地を使用して創られています。
(2009年1月より、上記2社は合併しました)
そして、いつまでも愛らしい姿でいてほしいから、嘴、目などすべてに 出来る限り、劣化しにくい優れた素材を採用しています。

  • Twitter

Twitterにてバードフィギュア最新情報更新中

アイコンをクリック